家での勉強をやめたのに1番になった方法

学生のサポートをしているとスポーツだけではなく、勉強方法についても質問を受けることが多いです。

その方法もスポーツに繋がる部分もあるので、今回は勉強についての話をしました。

続きを読む

なぜ、ゴール設定しても上手くいかないのか?

ゴールを設定しても上手くいかないのは、なんでなのか?

という質問を受けたので、それについて話をしたいと思います。

 

ゴールや目標を高く設定すればするほど、上手くいかないという方が非常に多いのですが、

それは、「優勝する」とかの「行為」に執着するからです。

 

行為というのは、今すぐにできないことです。

その行為のことを思えば思うほど、「できない」という感情が強く出て来ます。

 

そこが大きな問題になります。

しかし、私がクライアントに優勝が決まる瞬間はどんな感じで決まるのかを聞くと、

嬉しそうに話してくれて、優勝した瞬間はどんな気持ちかをすぐに聞くと、すごくいい表情で

 

「最高です」

 

と応えてくれます。

つまり「感情」は今すぐにでも感じれるということ。

 

その感情を感じるトレーニングを日々やっていくことがアファメーションの本当の意味なのです。

今回は、そのことについて音声をとりました。

続きを読む

過去に実績がないのは未来には全く関係ない

時間が過去から未来に流れていると考えていると、どうしても過去に囚われてしまいます。

実際は、未来から過去に流れているわけで、過去は二度とやってこない。

 

未来どう在りたいか?

 

それで、自分の行動が変わるし選択も変わるわけです。

そのことについてpodcastに配信しました。

続きを読む

エフィカシーについて

選手が成長するかどうかは、エフィカシーが重要です。

自分が「できる」と思っているレベル以上に成長することはありません。

自分が「県大会レベルだ」と思っている人は、県大会では戦えるレベルですが全国大会などで戦えるレベルになりません。

 

根拠のない自信を持っている人が強いわけです。

詳しくは、音声をお聞きください。

続きを読む

数字で限界を感じてしまう

先日、野球部へのコーチングをした時の話。

選手たちは、シャトルランを125回やるらしいのですが、やっている時に

 

「あと何回なのかな?」

 

と思いながらやっている時は、まだ体が動くのだが、

 

 

「100回」

 

という掛け声を聞いた瞬間に一気に疲れるという。

すごく面白いことに気がついたなと思う。

例えば125回の時に

 

「100回目」

という掛け声をしたら、150回いけると思います。

 

・キツイ

・大変な回数

 

などの思いがあるから、それを認識した時に疲れを感じる。

 

本当は、もっとやれるはずなのに、数字を知ってしまったり、数字の目標を入れるから上手くいかなくなったりする。

 

続きを読む